目錄 購物車 {{currentCart.getItemCount()}}
日本語文法総解説 [単行本]

日本語文法総解説 [単行本]

図書館選書
これまでの日本語研究の知見を結集して、日本語文法を多角的に読み解き、網羅的かつ体系的にまとめ上げた決定版。日本語文法を現代言語学の枠組みに落とし込み「外国語としての日本語」の見地から多角的に分析して体系的に解説
著者について

町田 健 (マチダ ケン)
町田 健(まちだ・けん)
名古屋大学名誉教授、久留米大学附設中学校・高等学校校長。専門は言語学。1957年、福岡県生まれ。1979年、東京大学文学部卒業。1986年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得。東京大学助手、愛知教育大学、成城大学、北海道大学助教授を経て現職。著書に『日本語のしくみがわかる本』『フランス語文法総解


HK$440.00
{{shoplineProductReview.avg_score}} {{'product.product_review.stars' | translate}} | {{shoplineProductReview.total}} {{'product.product_review.reviews' | translate}}
{{amazonProductReview.avg_rating}} {{'product.product_review.stars' | translate}} | {{amazonProductReview.total_comment_count}} {{'product.product_review.reviews' | translate}}
預購商品,產地直送,預計十至十四個工作天到貨。
數量
一次最大商品購買數量限制為 99999
該數量不適用,請填入有效的數量。
售完

商品存貨不足,未能加入購物車

您所填寫的商品數量超過庫存

每筆訂單限購 {{ product.max_order_quantity }} 件

現庫存只剩下 {{ quantityOfStock }} 件

若想購買,請聯絡我們。

商品描述

  • 目次

    第1章 言語としての日本語の特徴
     第1節 音韻
      a. 母音
      b. 半母音
      c. 子音
      d. アクセント
      e. 音韻現象
       ① 母音の無声化
       ② 母音の脱落(音便)
     第2節 形態
      a. 形態素
       ① 語幹形態素
       ② 語尾形態素
      b. 形態素の性質と分類
       ① 名詞
        1. 意味的特徴
        2. 形態的特徴
       ② 動詞
        1. 意味的特徴
        2. 形態的特徴
       ③ 形容詞
        1. 意味的特徴
        2. 形態的特徴
       ④ 副詞
        1. 意味的特徴
        2. 形態的特徴
       ⑤ 助詞・助動詞
        1. 意味的特徴
        2. 形態的特徴
     第3節 構造
      a. 文の構造
      b. 日本語の文の構造

    第2章 形態論
     第1節 語と形態素
     第2節 語・形態素とその分類
      a. 文
       ① 同値関係
       ② 包含関係
       ③ 単射関係
       ④ 双射関係
      b. 名詞
       ① 単一の形態素から成る名詞
       ② 複数の形態素から成る名詞
        i. 動詞由来
        ii. 形容詞由来
        iii. 2個以上の漢字で表記される古代中国からの借用語(漢語)
        iv. 複数の名式が複合して形成された名詞
      c. 動詞
       ① 子音語幹動詞
       ② 母音語幹動詞
      d. 形容詞
       i. 終止形語尾が{i}(形容詞1群)
       ii. 終止形語尾が{da}(形容詞2群)
       iii. 不変化形容詞(連体詞)
      e. 副詞
       i. 不定形副詞
       ii. 定型副詞
      f. 指示詞
      g. 助詞
       i. 格助詞
       ii. 接続助詞
       iii. 副助詞
       iv. 終助詞
      h. 助動詞
       i. 動詞型
       ii. 形容詞型
       iii. 不規則な語形変化
     第3節 語形成
      a. 複合
       i. 名詞と名詞
       ii. 名詞と動詞
       iii. 動詞と動詞
       iv. 形容詞と名詞、動詞
       v. 副詞と名詞、動詞
      b. 派生
       i. 接頭辞による派生
       ii. 接尾辞による派生
      c. 省略
      d. 転成
      e. 頭字語

    第3章 構造論
     第1節 文と語
     第2節 文を構成する単位
      a. 名詞句
      b. 名詞群
       i. 名詞群と群の定義
       ii. 述語名詞群
       iii. 名詞句を限定する名詞群
      c. 形容詞群
      d. 関係節
      e. 動詞群
      f. 名詞節
      g. 主題群
      h. 副詞節
     第3節 構造規則
      a. 単文
       i. 主題のある文の構造規則
       ii. 主題のない文の構造規則
       iii. 群の構造
      b. 複文
       i. 関係詞を含む複文
       ii. 名詞節を含む複文
       iii. 副詞節を含む複文
      c. 副詞を含む文
       i. 時の副詞
       ii. 可能性の副詞
       iii. 比喩の副詞
       iv. 否定極性の副詞
       v. 動作性副詞
       vi. 数量・程度の副詞
     第4節 構造規則を支配する原理
      a. 事態中での重要度
      b. 重要度の定義
      c. 重要度優先の原理

    第4章 意味論
     第1節 文の意味
     第2節 語・形態素の意味
     第3節 名詞の意味
      a. 具象名詞
      b. 抽象名詞
       ① 抽象名詞の特性
       ② 整列名詞と非整列名詞
     第4節 動詞の意味
      a. 副体としての動詞(自動詞)
      b. 関係としての動詞(他動詞)
      c. 自動詞と他動詞が示す文の構造
       ① 自動詞
       ② 他動詞
     第5節 形容詞の意味
      a. 形容詞が表示する集合
      b. 形容詞が包含する比較
      c. 比較を内包しない形容詞
      d. 形容詞の時制・アスペクト
      e. 感情や感覚を表す形容詞
      f. 包含関係を内包する形容詞
     第6節 副詞の意味
      a. 時の副詞
      b. 可能性の副詞
      c. 比喩の副詞
      d. 否定極性の副詞
      e. 動作性副詞
      f. 数量・程度の副詞
     第7節 主題
      a. 主題の特性
      b. 他の事物との対比を表す主題群(副主題)
       ① 副主題である事物
       ② 事物以外の副主題
      c. 主題である主体と主題ではない主体の相違
      d. 主体以外の主題と非主題
      e. 疑問詞と主題
      f. 従属節と主題
     第8節 複合事態(取り立て)
      a. 主題と複合事態
      b. 同一極性の複合事態
      c. 対立極性の複合事態
     第9節 指示詞
      a. 指示詞の特性
      b. 指示詞の機能と分類
       ①「こ」{ko}系列
       ②「そ」{so}系列
       ③「あ」{a}系列
     第10節 疑問詞
      a. 疑問詞の機能
      b. 疑問詞と終助詞「か」
      c. 疑問詞と副助詞
       ① 「か」
       ② 「も」
       ③ 「でも」
      d. 「何」と「どれ」
     第11節 時制とアスペクト
      a. 時区間
      b. 時制
       ① 基本時制
       ② 副次的時制
      c. アスペクト
      d. 動作態
       ① 均質態
       ② 行為態
       ③ 達成態
       ④ 瞬間態
      e. 動作態とアスペクト
       ① 均質態
       ② 行為態
       ③ 達成態
       ④ 瞬間態
      f. 補助的アスペクト形態
      g. 従属節中の時制
       ① 名詞節
       ② 関係節
       ③ 副詞節
     第12節 態
      a. 能動態と受動態
      b. 関係と受動態
      c. 日本語の受動態の意味的特性
      d. 受動態と意志性
      e. 単射関係の副体を表示する助詞と受動態
     第13節 使役
      a. 使役文の構造
      b. 下位事態の主体を表示する格助詞
      c. 使役の受動態
     第14節 モダリティー
      a. 成立可能性
       ① 可能世界と成立可能性
       ② 成立可能性を表す副詞
       ③ 成立可能性を表す述語群
      b. 意志、願望、義務、許可
       ① 意志・願望
       ② 義務・許可
        i. 義務
        ii. 許可
      c. 命令・禁止
      d. 否定
       ① 否定と可能世界
       ② 否定と主題
       ③ 部分否定と全部否定
       ④ 二重否定
      e. 疑問
       ① 真偽疑問文
       ② 疑問詞疑問文
       ③ 疑問文に伴う含意
       ④ 疑問文+だろう
      f. 終助詞
       ① 「よ」「ね」「よね」
       ② 「ぞ」「ぜ」「さ」「な」「わ」「の」
     第15節 形態素によって表示されない意味
      a. 数性
      b. 定性
       ① 定と不定
       ② 定
       ③ 不定
      c. 疑似主題
     第16節 省略
      a. 省略の機構
      b. 省略される要素
       ① 名詞の省略
       ② 形容詞、副詞の省略
       ③ 節・文の省略
     第17節 句・群と節
      a. 名詞句
      b. 名詞群
       ① 名詞群が表示する意味役割
       ② 格助詞「の」を含む名詞群
       ③ 格助詞「より」を含む名詞群
        i. 比較級
        ii. 最上級
      c. 形容詞群
      d. 動詞群
      e. 名詞節
       ① 主題としての名詞節
       ② 主体としての名詞節
       ③ 副体
       ④ 主体と副体の意味役割の名詞節
      f. 関係節
       ① 制限的関係節
       ② 非制限的関係節
       ③ 随意的制限節
       ④ 内容節
       ⑤ 自由関係節
      g. 副詞節
       ① 条件節
       ② 譲歩節
       ③ 時間節
       ④ 原因節・理由節
       ⑤ 目的節
       ⑥ 程度節
       ⑦ 様態節

    参考文献
    索引
  • 出版社からのコメント

    日本語研究の知見を結集して日本語文法を多角的に読み解き、独自の視点から網羅的かつ体系的にまとめ上げた日本語文法論の決定版。
  • 内容紹介

    日本語を多角的に分析して体系的に紡ぐ野心作

    これまでの日本語研究の知見を結集して、日本語文法を多角的に読み解き、網羅的かつ体系的にまとめ上げた日本語文法論の決定版。音韻論、形態論、構造論、意味論などの現代言語学の枠組みに落とし込み、「外国語としての日本語」の見地から多角的に分析して、すべてを一貫した立場から体系的に解説した町田言語学の集大成。これまでにないユニークな視点を備えながら日本語研究の頂点を極めた、現代日本語学を代表する日本語文法論に昇華している。

    <目次>
    第1章 言語としての日本語の特徴
     第1節 音韻
     第2節 形態
     第3節 構造

    第2章 形態論
     第1節 語と形態素
     第2節 語・形態素とその分類
     第3節 語形成

    第3章 構造論
     第1節 文と語
     第2節 文を構成する単位
     第3節 構造規則
     第4節 構造規則を支配する原理

    第4章 意味論
     第1節 文の意味
     第2節 語・形態素の意味
     第3節 名詞の意味
     第4節 動詞の意味
     第5節 形容詞の意味
     第6節 副詞の意味
     第7節 主題
     第8節 複合事態(取り立て)
     第9節 指示詞
     第10節 疑問詞
     第11節 時制とアスペクト
     第12節 態
     第13節 使役
     第14節 モダリティー
     第15節 形態素によって表示されない意味
     第16節 省略
     第17節 句・群と節

    参考文献
    索引

    図書館選書
    これまでの日本語研究の知見を結集して、日本語文法を多角的に読み解き、網羅的かつ体系的にまとめ上げた決定版。日本語文法を現代言語学の枠組みに落とし込み「外国語としての日本語」の見地から多角的に分析して体系的に解説
  • 著者について

    町田 健 (マチダ ケン)
    町田 健(まちだ・けん)
    名古屋大学名誉教授、久留米大学附設中学校・高等学校校長。専門は言語学。1957年、福岡県生まれ。1979年、東京大学文学部卒業。1986年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得。東京大学助手、愛知教育大学、成城大学、北海道大学助教授を経て現職。著書に『日本語のしくみがわかる本』『フランス語文法総解説』『ソシュールのすべて』(研究社)、『言語構造基礎論』(勁草書房)ほか、翻訳書に『新訳・ソシュール一般言語学講義』(研究社)、『イェルムスレウ――ソシュールの最大の後継者』(大修館書店)ほかがある。

相關產品